環境(かんきょう)にやさしいとりくみ
〜地球環境(ちきゅうかんきょう)にやさしい水づくり〜

奈良県水道局(ならけんすいどうきょく)は、地球(ちきゅう)にやさしい水づくりをめざし、いろいろなとりくみをおこなっているんじゃ。 
最初(さいしょ)に、太陽光発電設備(たいようこうはつでんせつび)について説明(せつめい)しよう。
水(みず)をつくるにはポンプなどの機械(きかい)を動(うご)かすために、電気(でんき)を大量(たいりょう)に使(つか)っているんじゃよ。

みんなにもっと多(おお)くのクリーンエネルギーを利用(りよう)してもらうため、御所浄水場(ごせじょうすいじょう)にパネル面積(めんせき)6272m2(へいほうメートル)、公称出力(こうしょうしゅつりょく)790kW(キロワット)、年間発電量約(ねんかんはつでんりょうやく)81万kWh(まんキロワットアワー)の日本最大級(にほんさいだいきゅう)の太陽光発電設備(たいようこうはつでんせつび)をつくっているんじゃ。

ちなみに、パネル面積(めんせき)6272、サッカーグラウンドと同(おな)じ大(おお)きさなんじゃ。

         
太陽光発電(たいようこうはつでん)は、二酸化炭素(にさんかたんそ)(CO2)を発生(はっせい)させることなく、太陽(たいよう)の光(ひかり)を電気(でんき)エネルギーにかえることができるんじゃよ。

空気(くうき)の中(なか)の二酸化炭素(にさんかたんそ)の量(りょう)が増(ふ)えると、地球(ちきゅう)の気温(きおん)があがってしまうんじゃ。これを地球温暖化(ちきゅうおんだんか)といって、地球(ちきゅう)の環境(かんきょう)を破壊(はかい)する原因(げんいん)の1つなんじゃよ。
地球(ちきゅう)の温暖化(おんだんか)を防止(ぼうし)するため世界中(せかいじゅう)でいろいろな対策(たいさく)をおこなっているんじゃ。
陽光発電(たいようこうはつでん)は地球(ちきゅう)の温暖化防止対策(おんだんかぼうしたいさく)に役(やく)だっているんだね。

太陽光発電設備(たいようこうはつでんせつび)で発電(はつでん)した電気(でんき)は、全(すべ)て御所浄水場内(ごせじょうすいじょうない)にあるポンプなどを運転(うんてん)するために使用(しよう)しているんじゃ。


御所浄水場太陽光発電設備(ごせじょうすいじょうたいようこうはつでんせつび)が、どれだけ環境(かんきょう)を守(まも)るために役(やく)だっているかを説明(せつめい)すると下(した)の図(ず)のとおりなんじゃよ。

御所浄水場太陽光発電が環境を守るために
どれだけ役だっているの?
(ごせじょうすいじょうたいようこうはつでんがかんきょうを
まもるためにどれだけやくだっているの?)
計画出力792kWの太陽光発電設備
(けいかくしゅつりょく792キロワットの
たいようこうはてでんせつび)
・・・・ CO2排出を減らす効果  年間約208t
(2さんかたんそはいしゅつをへらすこうか 
ねんかんやく208トン)

発電(はつでん)によって年間約208t(ねんかんやく208トン)の二酸化炭素(にさんかたんそ)の排出(はいしゅつ)を減(へ)らすことができるんじゃ。これは約83ha(やく83ヘクタール)の森(もり)が二酸化炭素(にさんかたんそ)を吸収(きゅうしゅう)する量(りょう)にあたるんじゃ


(年間約81万kWh発電)
(ねんかんやく81まんキロワットアワーはつでん)




石油を使った時の量   年間約195kL
(せきゆをつかったときのりょう ねんかんやく195キロリットル)
発電(はつでん)した電気(でんき)を火力(かりょく)で発電(はつでん)すると200リットルのドラム缶(かん)約975本分(やく975ほんぶん)の石油(せきゆ)をつかうんじゃ。
家庭で電気を使った時の量 
(かていででんきをつかったときのりょう)
発電(はつでん)した電気(でんき)を家庭(かてい)でつかうと約218軒(やく218けん)の家庭(かてい)でつかう電気(でんき)にあたるんじゃ
 


次(つぎ)に浄水場(じょうすいじょう)で発生(はっせい)する土砂(どしゃ)のリサイクルについて説明(せつめい)しよう。
浄水場(じょうすいじょう)では、水(みず)をきれいにしていく過程(かてい)でたくさんの土(つち)や砂(すな)などを取(と)り除(のぞ)いているんじゃ。
この取(と)り除(のぞ)いた土(つち)や砂(すな)など(スラッジというんじゃ)を稲(いね)の苗(なえ)を育(そだ)てる土(育苗土(いくびょうど)というんじゃ)や草花(くさばな)を育(そだ)てる土(園芸土(えんげいど)というんじゃ)、グランドの土(グランド改良土(かいりょうど)というんじゃ)としてつかっているんじゃよ。

水(みず)をきれいにする過程(かてい)で、できる土砂(どしゃ)(スラッジ)








スラッジ



園芸土(えんげいど)
砕(くだ)いた土(つち)は軽(かる)い上(うえ)に排水性(はいすいせい)にも優(すぐ)れていることからいろいろなところでつかわれているんじゃよ。
グランド改良土(かいりょうど)

 奈良県水道局(ならけんすいどうきょく)では、このように環境(かんきょう)にやさしいとりくみをおこなっているんだね。
 みんなのまわりのちょっとしたことでも環境(かんきょう)を守(まも)れるんだ。みんなも環境(かんきょう)について考(かんが)えてみてね!